多汗症、わきがの治療は病院では皮膚科?何科?対策と治療順は|多汗症を治す方法 知恵袋|全身、手足ワキ汗に有効な対策と治療薬!

多汗症を治す方法 知恵袋|全身、手足ワキ汗に有効な対策と治療薬!

▼MENU

多汗症、わきがの治療は病院では皮膚科?何科?対策と治療順は

多汗症の疑いがあるとして病院で受診する時何科に行けば良いか迷いませんか?

多汗症の原因は診療してみないと判らないですが、まず最初は皮膚科が一番適している科です。

病院によって解釈が違うところもありますけど、他では形成外科だったり麻酔科だったり、内科などで診療するケースもあります。

そして多汗症には治療方法がいくつもあります。
いきなり手足額脇汗がひどい、わきがからといって手術になったらどうしよう。。。という心配はあり考えなく手も良いでしょう。

原因と医師の見解にもよりますが一般的なお話をしますと多汗症の治療順番は診療ガイドラインという指針があります。
これは厚生労働省が診療方法や治療方法など医師や病院で格差が内容に共有した標準的な指針の事で同じ症状でも診療する病院、医師、皮膚科内科何科の違いによって治療方法が大きく違うというケースは、よほどの事がない限りはこの基準になります。

具体的な治療順番は
第一選択は塗り薬とイオントフォレーシス治療
第二選択はボツリヌス療法
これで確認をしながら、次は手術や他の治療法を検討するのが一般的です。

なので最初からあなたの身体に負担のかかる療法からではなく副作用や負担の少ない方法から始まり段階的に治療をしていく事になるでしょう。


【注目記事】

負担の少ないアセッパー(ASEPPER)とは
汗が嫌いニオイが気になる人の味方、数少ないサプリメント。
お得に入手する方法を公開中。