多汗症(脇汗等)は交感神経切除手術、代償性発汗の副作用は|多汗症を治す方法 知恵袋|全身、手足ワキ汗に有効な対策と治療薬!

多汗症を治す方法 知恵袋|全身、手足ワキ汗に有効な対策と治療薬!

▼MENU

多汗症(脇汗等)は交感神経切除手術、代償性発汗の副作用は

多汗症(脇汗等)の最終手段、交感神経切除手術になりますが代償性発汗の副作用も考えなければなりません。

診療ガイドラインでは第一選択の塗り薬、イオントフォレーシス、第二選択の注射に効果が出ない場合に交換神経切除術を考えます。

この交感神経切除手術は名前の通り交感神経を切除することです。

汗は交感神経を解して発汗命令がされるのでその対象の神経を切除することで汗がでないようにする考え方。

この手足額脇汗など特定の場所多汗症に用いられますが一番効果的なのは手のひら多汗症に期待できます。

手術時間は1時間以内で傷跡もほぼ残らず身体に負担も少ないメリットがありますが逆にデメリット代償性発汗の副作用が出る場合もあります。

これはある場所の汗を押さえるとその代わりに他のばしょうから発汗することです。
全員がなる訳ではないですが、切除すると元には戻せないのでしっかり内容を理解したうえで検討した方が良いでしょう。


【注目記事】

負担の少ないアセッパー(ASEPPER)とは
汗が嫌いニオイが気になる人の味方、数少ないサプリメント。
お得に入手する方法を公開中。