抗コリン剤の薬の作用で治療、副作用はあるのか

多汗症を治す方法 知恵袋|全身、手足ワキ汗に有効な対策と治療薬!

▼MENU

抗コリン剤の薬の作用で治療、副作用はあるのか?

抗コリン剤の薬の作用で治療、副作用はあるのか?

多汗症の診療ガイドラインでは第一選択の塗り薬等、第二選択の注射等で効果が見られない場合に内服薬抗コリン剤での治療という位置づけになります。

一見、内服薬(抗コリン薬)となると簡単でよい方法と思われるかもしれませんが診療ガイドラインでは優先されていないようです。

この抗コリン作用は交感神経からで伝達物質であるアセチルコリンの働きを抑えることも目的にした成分で、この作用で発汗命令に制御をかける仕組みとの事。

第一選択塗り薬やイオントフォレーシス、第二選択の注射は多汗症の部位に直接治療されるのに対し、抗コリン薬はこの作用が身体の広い範囲にまで及ぶ副作用も考えなければなりません。

正常な発汗まで抑えられることも考えられまた副作用で口の渇きだったり脈拍の異常や便秘等の症状もあり、この場合二次障害を引き起こしてしまう場合も想定しなければなりません。

治療法は飲むだけと、簡単でよいのですが、このような副作用がある方もいますので使用方法には注意が必要です。


【注目記事】

負担の少ないアセッパー(ASEPPER)とは
汗が嫌いニオイが気になる人の味方、数少ないサプリメント。
お得に入手する方法を公開中。