手足顔脇汗場所を選らべば治療薬(塗り薬)が効果は?病院処方|多汗症を治す方法 知恵袋|全身、手足ワキ汗に有効な対策と治療薬!

多汗症を治す方法 知恵袋|全身、手足ワキ汗に有効な対策と治療薬!

▼MENU

手足顔脇汗場所を選らべば治療薬(塗り薬)が効果は?病院処方

手足顔脇汗場所を選らべば治療薬(塗り薬)は発汗を抑える事に期待ができ、病院でも処方されます。

この治療薬の対象者となる患者さんは軽度な方、初期の方が対象とされ、その成分は違いはあるものの塩化アルミニウムを0%程度の濃度。

毎日のように継続し続ける事が大事になります。

メリットは塗り薬なので手や足顔脇汗など使える場所は限られますが、塗るとうい簡単な作業で病院では健康保険も利き治療費として考えれば安価な部類です。

ただ確実に治るとは限らなく60%~80%の割合という統計もあり、中にはあまり効果の無い人もいるようです。

ですが、診療ガイドラインでは塗り薬(塩化アルミニウム)と後に説明するイオントフォレーシス治療法が診療ガイドラインでは第一選択としています。


【注目記事】

負担の少ないアセッパー(ASEPPER)とは
汗が嫌いニオイが気になる人の味方、数少ないサプリメント。
お得に入手する方法を公開中。