病院で対策、治療する

多汗症を治す方法 知恵袋|全身、手足ワキ汗に有効な対策と治療薬!

▼MENU

病院で本格治療Lv3

多汗症は病院何科?対策と治療順

多汗症の疑いがあるとして病院で受診する時何科に行けば良いか迷いませんか?多汗症の原因は診療してみないと判らないですが、まず最初は皮膚科が一番適している科です。病院によって解釈が違うところもありますけど、他では形成外科だったり麻酔科だったり、内科な...

ボツリヌス治療毒素注射

第一選択の外用薬(塗り薬)やイオントフォレーシスの次にボツリヌス治療を検討します。名前からすると怖いイメージがありますが、治療方法の一つでガイドラインでも第二選択としています。このボツリヌス療法と言うのは一言で言うと注射です。ボツリヌス菌が作り出...

抗コリン剤で治療

抗コリン剤の薬の作用で治療、副作用はあるのか?多汗症の診療ガイドラインでは第一選択の塗り薬等、第二選択の注射等で効果が見られない場合に内服薬抗コリン剤での治療という位置づけになります。一見、内服薬(抗コリン薬)となると簡単でよい方法と思われるかも...

外用薬の効果

手足顔脇汗場所を選らべば治療薬(塗り薬)は発汗を抑える事に期待ができ、病院でも処方されます。この治療薬の対象者となる患者さんは軽度な方、初期の方が対象とされ、その成分は違いはあるものの塩化アルミニウムを0%程度の濃度。毎日のように継続し続ける事が...

イオントフォレーシス療法の原理と効果

イオントフォレーシス療法は先にお話した外用薬の塗り薬と同じく診療ガイドラインでは第一選択としている治療法です。 イオントフォレーシス?横に長いカタカナで解かりずらいです。 治療方法は科学的が原理を利用していることもありとっつきにくですが...

超音波手術で治療

多汗症にもわきがにも人気となっている手術は超音波手術。診療ガイドラインでは第一選択の塗り薬イオントフォレーシス、第二選択の注射の十番で最終的に手術になるケースになる場合が多いです。この超音波手術は多汗症、特に脇汗に期待できます。仕組みは交感神経切...

交感神経切除手術で治療

多汗症(脇汗等)の最終手段、交感神経切除手術になりますが代償性発汗の副作用も考えなければなりません。診療ガイドラインでは第一選択の塗り薬、イオントフォレーシス、第二選択の注射に効果が出ない場合に交換神経切除術を考えます。この交感神経切除手術は名前...