多汗症とは|多汗症を治す方法 知恵袋|全身、手足ワキ汗に有効な対策と治療薬!

多汗症を治す方法 知恵袋|全身、手足ワキ汗に有効な対策と治療薬!

▼MENU

多汗症とは、その原因

多汗症とは手のひら、足のうら、脇下、顔顔面、額、全身から異常に多くの汗をかく症状を言います。

この症状は珍しいものではなく日本人は特に多い疾患で人口の4%にみられ25人に1人が多汗症ということです。

普通は誰もその場の状況に応じ汗をかきますよね?

多汗症と呼ばれる症状の原因は、精神的な要素強くこのサイトをみている方は「私は発汗量が多い」
と気になって調べている方も多いのではないでしょうか?

自分の汗が気になり、他人のことを気にかけて、この意識の持ち方が引き金になり知らず知らずのうちに「嫌われないに」と自分の生活環境を自分で制限してしまう。
これが悪循環を招き悪化させる原因で診療されるケースが強いです。

ただし多汗症とは精神的な病気とは違います。

目や耳や手足や五感で外部情報を取得し伝達機関の交換神経を経由して脳に届きます。
脳がその情報を元に判断しますが敏感に反応する事により正しい判断が出来なく、発汗の命令に狂いが生じます。

原因は交感神経の判断異常!多汗症となって現れる

今は昔と違い多汗症は保険も効く認知された病気です。
治療方法も色々でそれぞれ特徴があり、場所によっても(手足、脇汗、額、頭、顔面)違い、自分の症状と原因に適した治療をする事で、多汗症の治る確率は上がります。


【注目記事】

負担の少ないアセッパー(ASEPPER)とは
汗が嫌いニオイが気になる人の味方、数少ないサプリメント。
お得に入手する方法を公開中。